「2人分の仕事をしないと」デスパイネが抱える盟友グラシアルへの思いと責任感

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:藤浦一都】

初回に先制の適時二塁打を放つなど3安打3打点と大暴れ

■ソフトバンク 7ー3 楽天(5日・PayPayドーム)

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手が5日、本拠地PayPayドームで行われた楽天戦で大暴れした。5番に入り、初回に先制の適時二塁打、3回にもシングルヒットを放つと、5回にはライトのホームランテラスにライナーで飛び込む2ランと今季初の猛打賞。腰痛で登録抹消中のジュリスベル・グラシアル内野手の分まで勝利に貢献した。

 最近は4番に固定されていたデスパイネだが、この日は柳田悠岐外野手とともに1つずつ打順を下げられて5番として出場。初回の2死一、二塁のチャンスでいきなりレフトオーバーの先制打を放つと、5回には点差を広げる2ランを放ってスタンドのホークスファンを盛り上げた。

 前日は札幌で5時間を超える試合を戦い、この日は長距離移動でそのまま試合。強行軍を乗り越えての勝利に「昨日の長い試合と長い旅で、みんな疲れはあるよ。ただ試合だからそれ以上の力を出さないとね。今日勝てて本当に良かったよ」と振り返った。

 先発した杉山一樹投手は、先発投手としては異例の“移動ゲーム”。前日は9投手を起用しており、少しでも投手の負担を減らしたいところで、リードを広げるデスパイネの5回の2ランは値千金だった。「投手陣が頑張っている中で自分たちがなかなか点を取れなかった。2点や3点では投手は楽にならないので、たくさん打って楽にしたいといつも思っているが、今日はそれができて良かったよ」と投手陣への想いも口にした。

 普段は一緒に練習をしているグラシアルが腰痛のため4日に登録抹消となったばかり。「今は2人分の仕事をしないといけないけど、彼が1日でも早く完治して復帰できるように願っているよ」と盟友の状態を気遣いながら、戻って来るまでは“2人分の仕事”でチームに貢献するつもり。三塁打が出ればサイクル安打となる8回の最後の打席は三ゴロ。NPB在籍8年間で三塁打が3本しかないデスパイネは「甲斐が(7回に)打った三塁打と交換してほしかったよ」とおどけてみせていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

KEYWORD