2軍戦でも九州を元気にする活動を 鷹が佐賀でウエスタン・リーグ公式戦開催

試合前にはホークスジュニアアカデミー主催の野球教室の様子【写真:上杉あずさ】
試合前にはホークスジュニアアカデミー主催の野球教室の様子【写真:上杉あずさ】

さがみどりの森球場でオリックス戦を開催、野球教室も実施

 ソフトバンクの2軍は2日、佐賀・佐賀市のさがみどりの森球場でウエスタン・リーグのオリックス戦を開催する。この試合は「ファイト!九州」プロジェクトの一環として実施され、この日の試合前にはホークスジュニアアカデミー主催の野球教室も行われた。

「ファイト!九州」とは、2016年4月に熊本・大分地震災害復興支援のために発足したプロジェクトで、継続的な復興支援活動を行ってきた。2020年からの新型コロナウイルスの蔓延により、九州に根差した球団として何をなすべきか追求した結果、復興支援に限らず様々な“ホークスが九州を元気にする活動”を行う取り組みとして、様々な活動を展開している。

 今年も九州各県で「ファイト!九州デー」として公式戦を開催してきた。1軍の試合は長崎、北九州、鹿児島、宮崎(雨天中止)、福岡で実施。球団関係者が「子どもたちに野球を見るキッカケを作りたい」と語るように、1軍戦が開催できなかった八代(熊本)、小郡(福岡、雨天中止)、大分、佐賀では2軍戦を開催し、今回は、地域の子どもたちにスポーツの楽しさを伝えることを目的に佐賀県内の小学生1500名を無料招待している。

 また、ホークスジュニアアカデミー主催の野球教室にも力を入れている。小学3年生以下の子どもたちを対象に親子で参加できる野球教室を行い、この日は22人が参加した。元選手の帆足和幸さんや吉住晴斗さんらがティーバッティングなどを教え、子どもたちは球場横の広大な広場で思い切りバッティングを楽しんでいた。参加した保護者もバッティング体験をし、子どもたちが守備に就くなど、親子で楽しめる特別な時間となった。

 野球人口の減少も問題となる昨今、親子で野球に触れられる貴重な機会の創り出す取り組みを行っている「ファイト!九州」。試合中には、ハニーズダンスアカデミーの佐賀近郊の生徒たちを中心に、ダンスの披露も予定されている。ソフトバンクは1軍の試合興行のみならず、2軍戦でも「ファイト!九州」と野球普及活動に力を注いでいる。

(上杉あずさ / Azusa Uesugi)

KEYWORD