プロ初スタメンで決勝犠飛 黒瀬健太を“覚醒”させた小久保2軍監督のアドバイス

ソフトバンク・黒瀬健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・黒瀬健太【写真:藤浦一都】

「打席での考え方をもっと整理して入れるようにもっと勉強した方がいい」

 31日に本拠地・PayPayドームで行われた西武戦で決勝点となる勝ち越しの犠飛を放ったのがソフトバンクの黒瀬健太内野手だ。登録期限間際に支配下登録を勝ち取ると、プロ初スタメンとなった一戦の最初の打席で挙げたプロ初打点。初めてとなるお立ち台にも上がり「最高です」と笑顔を弾けさせた。

 28日に支配下再登録となった黒瀬は「8番・一塁」でスタメンに抜擢された。1点を追う2回、柳町達が同点打を放ち、なおも無死満塁という好機で第1打席を迎えた。「追い込まれるまでは思い切って『打てる球が来たら行こう』と思っていたのですが、すぐに追い込まれて、そこからは打点を取ることだけを考えて、ボール球をしっかり見逃して外野に打てる球を打とうという意識で打席に立っていました」。2ボール2ストライクからレフトに弾き返し、三塁走者・牧原大成が勝ち越しのホームを踏んだ。

 プロ初打点が決勝点となったが、黒瀬は「和田さんもそうですけど、投手の方々が頑張ってくれたおかげです」とリードを守ってくれた投手陣に感謝。30日の同戦で初打席に立っていたことで「昨日1打席立たせていただいたので、今日は楽に(打席に)入れたというか、慣れはあったと思います」と、緊張を感じることはなかったという。

 この日は空振り三振に終わった6回の第3打席でお役御免となり、途中交代。初ヒットはお預けとなったが、本拠地・PayPayドームでの初スタメンで勝利に貢献し「藤本さんもたくさんお世話になっているので恩返ししたいです。たくさんの応援も聞こえたし、ここで野球をやって結果を出して活躍したいという気持ちがより一層強くなりました」と充実感を漂わせた。

 今年ファームで結果を残して支配下再登録を勝ち取った黒瀬にとって、大きな転機になったのは春季キャンプだという。小久保(2軍)監督に「打ち方はある程度できているんだから、打席での考え方をもっと整理して入れるようにもっと勉強した方がいい」とアドバイスを受けた。

 そこからファームのコーチ陣にも話を聞き、高谷裕亮2軍バッテリーコーチには捕手目線でのアドバイスを求めた。さらにデータをまとめて分析する裏方スタッフの部屋を訪れてデータを出してもらうなど、とにかく勉強を続けて打席で頭を整理する術を身につけた。

 支配下再登録を目指して懸命にもがき続ける黒瀬に、誰もが協力を惜しむことはなかった。新しい背番号「12」のユニホームが間に合わず、3年半背負い続けた背番号「126」で記録したプロ初打点は、支えて続けてくれた人たちへの感謝の1打点にもあった。「次は背番号『12』でプロ初ヒットですね」との記者からの問いかけに「はい、そうですね」とマスク越しに最高の黒瀬スマイルが弾けていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

KEYWORD