2戦連続先発KOに「ちょっと考えないと」 藤本監督の試合後の一問一答全文

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

大関が3回途中でノックアウト「球が高いよね」

 ソフトバンクは30日、本拠地PayPayドームでの西武戦に0-6で敗れて4連敗となった。先発の大関が立ち上がりから捕まり、3回途中でノックアウト。打線も西武先発の與座の前に1点も奪えず、プロ初完封を許した。試合後の藤本博史監督の一問一答全文は以下の通り。

――大関投手は立ち上がりから苦しい展開。
「球が高いよね。西武が、やっぱりファーストストライクの高い球をどんどんどんどん振ってきてるのとね、ウチはファーストストライクで全然見逃してるっていう、そこの差じゃないかなと思いますよ」

――いい時はフォークだったりが低めに集まる。
「その辺がちょっとボールは高くなっているのかなあというのは感じますね」

――大関投手は今後については?
「そのままローテで、今のピッチャーで回らないとしょうがないですから。誰かいますか?」

――武田投手は先発組の調整に入っていた。
「それはまだわかんないです」

――先発陣がちょっと6回までもたない。
「その辺、もう一回、ピッチングコーチとみんなで話し合ってやっていきたいと思います」

――逆にいろいろピッチャーが投げることができた。
「いやいや、6連戦だから今日は投げさせたくなかったですよ。やっぱり3連投もあるという中でも、やっぱりこういう試合で、藤井とか津森とか甲斐野とか嘉弥真とかは投げさせたくないですよね。先発ピッチャーが2回でこういう降板してしまうと、投げなくちゃしょうがなくなってしまうというとこですね」

「松本も中継ぎロングで、最初の頃は入ってたけど、今は状態もいいから後ろに回ってるわけですから。そういう意味じゃ、先発ピッチャーがやっぱり5回持たないというのはね、これちょっと考えないといけないけど、ローテーションを外すとか、そういうのはないですよ」

――川瀬選手がマルチ、野村勇選手もヒット。
「ヒットは7本出てるんですけどね、やっぱり、そこでもう1本というところが出なかったっていうところがね。やっぱり全体的に見て西武の打線とウチの打線は、ファーストストライクを振ってきているか、振ってきていないかっていうところの違いじゃないかなと思いますよね。やっぱりファーストストライクからブンブン、自分のタイミングで振ってくるのと、ファーストストライク見逃してボール球振らされるのではやっぱり違うと思いますからね。その辺もう一回バッティングコーチにお願いしてやっていきたいと思います」

(鷹フル編集部)

KEYWORD