8回の決勝被弾は「いただけない1点」 鷹・藤本監督の試合後の一問一答全文

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

3軍戦に出場した甲斐と野村勇の昇格明言「明日から呼びます」

 ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームでオリックスと戦い、2-3で競り負けた。先発のレイが4回に吉田正に先制2ランを被弾。7回にデスパイネの3号2ランで同点に追いついたものの、8回に2番手の森が紅林に痛恨の勝ち越しソロを浴び、これが決勝点となった。終盤の一発に「これはいただけない1点」と険しい表情だった藤本博史監督の試合後の一問一答全文は以下の通り。

――初回のチャンスを活かせなかった
「初回のチャンスは1死二塁ですからね。そこはいつも言うように相手がいることですから。山崎(福也)が良かったですよね、今日は。テンポが良かったし、緩急もうまく使われて。やっぱりこっちはカウントを取りに来るチェンジアップを何とか打ちにいかないといけなかった。みんな見逃して、追い込まれて、フォークボールとか、タイミングを崩されて三振っていうケースが多かったんで」

「次回来たら、ストライクを取ってくる球。リチャードも、昨日はできたのに今日はできなかった。ファーストストライクから浮いた球をどんどん行こうと言って、それを見逃して、ボール球を振ってしまう悪いパターンになってしまった。そういうところかな」

――90キロぐらいのカーブも厄介。
「あれはそんなに数多く投げてないんでね。カウント球のチェンジアップですよね。あれの浮いた球を打っていかないと。やっぱりカウントを取られたら、また頭の中でその緩い球もあるんじゃないかって、それで腕を振ってきた中でフォークとかそういうものでやられたかなっていう。今日はいいピッチングをしてましたよね、山崎はね」

――今宮選手、牧原大選手、柳町選手の状態が落ちてきている。
「そうですね。今宮、牧原(大)、柳町の3人は状態いいときに比べたら、ちょっと疲れてんのかなあという感じですね」

――ただ休ませられない。
「代わりの選手がいないですからね。牧原大はジョーカーで休み休み、2試合出て休み、みたいな感じで出ていたのが、今はずっとフルに出てるんで、疲れもだいぶきてるんじゃないかなと思います。残りオールスターまでなんとか頑張ってもらって、やらないとしょうがないんで」

「ヒットでOKっていうところですから、やっぱり外の球になってくる」

――レイ投手も内容は良かった。
「ホームランは序盤ですからね。良かったですよ。7回2点というのは十分にゲームを作ってくれてるんで、全然問題ないと思いますよ。8回の1点はね、ちょっとこれはいただけない1点。打たれちゃいけないバッターに、打たれてしまったっていうところかな」

「8番で打率が低いバッターといえども、前回、京セラでもホームランでやられてるんですよね。そこを内甘(内角の甘いところ)を打たれたっていうのがね。ここは序盤とは違うんでね。8回、9回終盤のところなんで、やっぱり一発が一番いけないところ。海野もいい勉強になったんじゃないですか、1球の怖さというかね」

「セオリーとすれば、ヒットでOKっていうところですから、やっぱり外の球になってくる。森の球を考えれば、真っスラですから、外の球の方が良かったのかな、と。インコースに行くんだったらボール球を要求するとか。いい勉強になってるんじゃないですか。終盤のその1球の怖さっていうのが、勉強になったんじゃないかなと思います」

――3軍で野村勇選手と甲斐選手が出場。
「明日から呼びます。野村と甲斐の2人を呼びます」

――ここまで海野選手は頑張ってきた。
「いいリードしていますよ。ワンバウンドもよく止めてるしね。先発ピッチャーをすごく引っ張ってくれてると思うし、まあ、いい勉強できたんじゃないかなと思います」

――甲斐選手が戻ってきてから併用は?
「それはまだわかりません」

――スチュワートJr.が2軍で連投テスト。
「見ていたけど、ちょっとしんどいね。昨日も2点取られて、今日もちょっとコントロールが浮いている状態やったんで。2軍の方で試してくれたんですけど、小久保監督からもちょっとしんどいかなっていう連絡をもらっているんで、先発に戻します」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD