鷹・小久保2軍監督が「イチオシです」と高評価 成長感じさせる育成2年目野手とは?

ソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:福谷佑介】

1日のウエスタン・リーグ阪神戦で同点を生んだ緒方理貢

 ソフトバンクの2軍は1日、タマスタ筑後でウエスタン・リーグの阪神戦を戦い、3-4で敗れた。先発の中道佑哉投手が初回に3点を先制されたものの、6回に渡邉陸捕手の適時打などで1点差に。7回には四球を選んだ緒方理貢内野手が四球で出塁しすかさず盗塁を決め、増田の遊撃内野安打の間に同点に追いついた。ただ、8回に中村亮太投手が陽川に勝ち越し本塁打を浴びてこれが決勝弾となった。

 試合後、小久保裕紀2軍監督が自ら「イチオシです」と語ったのが、同点を呼び込んだ緒方だった。この日は「9番・二塁」でスタメン出場した緒方は1点を追う7回、1死走者なしで打席に立つと、しっかりとボールを見極めて四球を選ぶと、続く周東への初球で盗塁を決めた。2死二塁で増田の打球は遊撃への内野安打に。緒方はこの打球で三塁を蹴って、一気に同点のホームへ生還した。

 1点を勝ち越されて迎えた9回には左前安打も放ち、この日は3打数1安打。試合後、小久保2軍監督は「やっぱり出塁率の高さと、相手バッテリーが嫌がるような打席の数が多いですから」と高評価を与えるポイントを説明。緒方はウエスタン・リーグでの打率は.244ながら、出塁率は.386をマークする。

 小久保2軍監督は「今日の同点なんていうのは、もうあいつ1人の力ですからね。もちろん増田が打ちましたけど、出た後に小野ってクイック早いのに、初球スチール。井出コーチもよく回しましたけど、ショートと飛びついてるにも関わらずホームで1点取るというのは、彼の良さが今出てますよね」とも評する。京都外大西高から駒大を経て入団した2年目の育成野手に注目している。

 昨年は怪我のため2軍戦出場もなく、本格的にプレーするのはこれが1年目だ。課題は守備面。この日も指揮官は緒方に「あとはスローイングだけや」と声をかけていた。小久保2軍監督が勧める育成2年目の緒方。これからの成長に注目してもらいたい。

(米多祐樹 / Yuki Yoneda)

KEYWORD