鷹・中村晃、減額制限迫る9000万円ダウン 新たに2年契約も反省「悪い部分出た」

契約更改交渉に臨んだソフトバンク・中村晃【写真:福谷佑介】
契約更改交渉に臨んだソフトバンク・中村晃【写真:福谷佑介】

「残念な成績、優勝も逃してしまって悔しい思いもしました」

 ソフトバンクの中村晃外野手が14日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、減額制限(年俸1億円以上は40%)に迫る9000万円ダウンとなる年俸1億5000万円(金額は推定)で新たに2年契約を結んだ。一定の条件をクリアした場合に自動的に1年延長となるオプション付き。中村晃は2019年からの4年契約が今季で満了となり、再び複数年での契約延長となった。

 2007年の高校生ドラフト3巡目で帝京高から入団した中村晃は15年目の今季、一塁手や外野手などで114試合に出場。打撃面で苦戦し、打率.253、7本塁打51打点に終わり、会見でも「残念な成績、優勝も逃してしまって悔しい思いもしました。後半は少しずつこれかなというのが出てきたので、それが来年出せるようにオフしっかり練習していきたい」と語った。

 今季はゴールデングラブ賞を獲得したものの、中村晃自身は「トータルでレギュラーとは言えないものだったので。守備もいい部分、悪い部分が出たシーズンだった。来年取り組んでいくだけですかね」と納得していない。「悔しい1年だったので、来年優勝に貢献できるように頑張っていきたいです」と来季での復活を見据えていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD